新しいものを買ったら必ず古い方を処分するルール 手袋は定数1+予備1

広告

「 1つ買ったら1つ手放す」というのは断捨離の世界では当然のルールですが、意外と守らずに「例外」を作ったりしていないでしょうか。

それで、「新しいものを買ったら必ず古い方を処分する」ということを必ず守るようにします。

その際、自分の中での定数を決めておくと迷わなくて済みます。

とってもあったかい手袋を買いました。

犬の散歩中、手が冷たくなっていくのは辛いですからね。

はめた瞬間、あったかいと感じ、それが保たれるのが必要条件でした。

そして、雪国の場合、除雪作業をする際、濡れてしまって乾くまでの予備が必ず必要です。

ですから、定数1+予備1

はめていて、手が冷たくなってしまう手袋を処分します。

新しい手袋を使い、除雪の際の予備として古い方を使います。

手袋は、靴下みたいに穴が開いたりしないので、自分で買い替えるタイミングを見つけなければなりません。

手が冷たくなるのに我慢することはないですね。

毎日の散歩が少しでも快適にできるように、手袋を新調することは大事なことでした。

今まで使ってきた手袋さん、ありがとう。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!