使わなくなった椅子を捨てる【今、使っていないモノの断捨離】

広告

親が買ったモノをたくさん捨ててきました。

使いもしないモノをなんでこんなに大量に買ったんだ、と責める気持ちで処分してきた私です。

そして、親のモノがなくなってきたのに、まだ使っていないモノがあります。

それは、リフォームした時に、私が新たに購入したモノたちでした。

ついに、私自身のモノも見直す時期にきたのです。

リフォームしたのは、もう8年前。

その頃は、父がまだ寝たきりで入院している状態で、父のお金を使いまくっていました。

どうせ残しておいても相続税に取られるんだから、使ってしまえと思っていたんですね。

いつ死ぬか、わからないくらい誤嚥性肺炎を繰り返していましたから、「今のうちに」と思ったんですねぇ。

今だと考えられないくらいのお金の使い方でした。

そして、買ったソファーは、お店で見たらそうでもなかったのに、家に置いたらデカかった。

そして、オットマンをおくスペースがありませんでした。

しばらく無理に使っていたのですが、結局、邪魔になり、押し入れの中に眠っていたモノを今回、処分することに。

サイズを測ると70cm以内なので、45リットルのゴミ袋を付ければ普通の燃えるゴミで持っていってもらえます。

ついでに、使っていないカウンターチェアも。

こちらは70cmを超えるので、分解しました。

金沢市の有料粗大ゴミで出すと、椅子1脚に500円かかるのですが、45円の袋で済みそうです。

捨てにくいし、押し入れに入れたままにしてあったのですが、処分できてスッキリしました。

誰かに使ってもらおうとか、売れないかなとか、考えるのをやめています。

役割が終わったモノをサッと手放す。

それだけです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!