去年の日焼け止めスプレーを捨てる【古いモノの断捨離】

広告

2020年2月にハワイへ行きました。去年のことなのに、ずっとずっと前のことのように思えます。

この時はまだコロナのことを甘く考えていて、まさかこの後、ずっとハワイへ行けなくなるなんて思ってもいませんでした。

だから、ハワイでプレゼントとしてもらった日焼け止めスプレーをなんとなく使いそびれていました。

そういえば去年の夏は、あまり外へも出なかったですね。

今年の夏も、外出は少なめだった。

まだ残っているので、早く使い切ってしまおうと思い、腕から手の甲の部分にスプレーしました。

そしたら、悪くなっていたのか?わかりませんが、すごくベタベタしてなかなか乾かず、気持ち悪かったのです。

元々こういうものだったのか、記憶にないのですが、肌につけるものなので、捨てようと思いました。

最初から、捨てたかったのですが、使い切っていないスプレー缶って穴を開ける時、シュワーっと中身が出て大変なことになりますよね。

泡が出たり、ミストのようなものがすごい勢いで噴射したり。

だから、スプレー缶を捨てるのが嫌いです。

念のため、ビニール袋の中に入れて、ハラハラしながら穴を開けました。

足で踏んで穴を開けるタイプです。プシュっと音がしましたが、全然大丈夫で、ホッとしました。

リサイクルゴミとして捨てます。

日焼け止めも含め、化粧品類は古いものを使わないようにしないといけませんね。

皮膚の方が大切ですからね。

ファンデーションや口紅も古いものは捨てなければ・・。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!