いらなくなった収納グッズを捨てる【安易に買うことの断捨離】

広告

モノを捨てまくっていたら、だんだん収納グッズがいらなくなりますね。

過去に100均で便利なカゴなど「入れ物」をいっぱい買っていました。

とにかくモノがたくさんあったので、分類するために必要だったのです。

100均で買ったモノを手放す

モノが減ってきて、一番にいらなくなるのが収納グッズ=入れ物です。

今朝、燃えるゴミに出して捨てました。

無印良品で買ったモノは手放さない

いったん不要になっても捨てない収納グッズもあります。

自分が気に入って買ったモノたちです。

そういうモノは、別の場所で生かします。

生かしきれないとそれも捨てることになりますが、今のところ、(ちゃんと用途を考えて)無印良品で買ったモノは残しています。

100均で買ったモノは、本当は無印良品で買いたいんだけど、高いからとりあえず100均で数を揃える、みたいな感じで買ったので、悩まずに捨てられます。

「ゴミ」を発生させていることへの罪悪感

本当はこうやって「ゴミ」を発生させていること自体に罪悪感を覚えるようになりました。

って、ちょっと使ってポイっと捨てるを繰り返すことに。

こういう生活を続けていちゃダメだと思うようになったのです。

必要なモノは買えばいいんだけど、買うならそうなると、今後、収納グッズは「どうしても必要で、長く使い続けるモノ」を買いたい。

さいごに

これからはモノを減らしていくから、基本的に収納グッズはいらないですね。

安いからと言って、安易にモノを買うことをやめる決心をしました!

それで、一つの基準として、食べ物や生活必需品の洗剤・ティッシュなど消耗品以外のいわゆる「備品」にあたる残るモノは、1000円以下のモノを買わないルールにしてみようと思います。

その1000円という価格が適切かどうかは、今の思いつきに過ぎないので自信ないですが、とにかく家の中に残るモノを吟味して買うということです。

そして、「買ったのに捨てる」をできる限り減らしていきます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!