やっと娘の結婚式の書類を捨てる【終わったものの断捨離】

広告

結婚式のものって請求書や領収書だけでなく、案内状などもなんとなく捨てにくいですね。

娘の結婚式があったのは、2020年3月。

もうコロナ感染はジワジワと広まってきていたのに、まだその意識が低く、3連休の初日に無事行われました。

県外からお友達もたくさん来てくれていましたが、シンガポールに住んでいるお友達は飛行機が飛ばず、欠席でした。

その時点でもまだ海外は大変なんだね、なんて。

その時から、長い間、時が止まっていたように思います。

結婚式にかかった費用の精算も終わるともう必要なくなっていた請求書、領収書類。

なんとなく後で確認することもあるかな、なんて。

実質的には、娘夫婦ですべて決めて、私は柿本家としての費用を負担しただけで、保管しておく必要もないものでした。

何事も初めてのことはよくわからないので、「いらない」という判断ができにくいのです。

でも、1年以上経って、はっきりいらないとわかりました。

領収書なんて、確定申告に必要なもの以外は不要です。

終わったものはどんどん捨てて、新しいことを考えていきましょう。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!