【断捨離の失敗】まだ履けた靴を捨ててしまった

広告

たくさんのモノを捨ててきて、後悔したことはほとんどありませんが、今回は失敗したかもしれません。

買って、まだそんなに履いていない靴を捨てたのです。

なぜ捨ててしまったかと言うと、この靴を履くと足が痛くなったからです。

なぜ足が痛くなったかと言うと、足にタコができたからです。

右足の小指の横と左足の中指の付け根にできたタコ、最初は気がつかなかったのですが、どうもこの靴を履き始めてからできたみたいなのです。

それで、しばらくぶりに履いてみたとき、硬くなったタコの部分に圧がかかって痛くて、もうダメだと思いました。

せっかく形が気に入っていたのに、残念でたまりませんでした。

捨ててから、改めて、この靴を買った、50代からの女性向け雑誌「ハルメク」のホームページを見て、ハッとしました。

本当は、靴紐で結ぶタイプだったのです。

その靴紐がほどけやすいので、ほどけないものに自分で交換したのでした。

そのときに、私の結び方がキツすぎたのです。

そのために、靴の横幅の余裕がなくなり、キツくなってしまったのです、きっと。

だから、無理が生じて足にタコができたのでしょう。

買ったときのままの靴紐でゆるく結んでいたら、タコができなかったかもしれませんが、歩くたびに紐がほどけるのは困ります。

捨ててしまったので、今となってはもう結び方を直したら、大丈夫だったのか、確かめることができません。

自分の靴紐の結び方が悪かっただけかもしれないのに、靴が合わなかったと思い込んで、すぐ捨ててしまうなんて、もったいないことをしました。

今朝、燃えるゴミに出したばかりです。

あ〜ぁ・・・。

でも、私がキツく靴紐を締めてしまったのは、そのほうが歩きやすかったからだったとも思うんですよね。

外反母趾で、幅広で長さも5mm左右差があり、なかなか合う靴が見つかりません。

お店で実際に履いてみてから買っても、長く歩くと足が痛くなったりすることもあります。

歩き方もよくないのですよね、多分。

靴選びにはホントいつも苦労しています。

なかなか履ける靴がなくて、履けそうな靴を見つけると値段が高くても買います。

今度からは、家の中で履いて歩いてみて、どうしても合わない場合は、返品することも覚悟していこうと思います。

靴選び、もっと慎重にいきます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!