収納雑誌を捨てる【自分に向いていないコトの断捨離】

広告

何か参考になるかなと期待して買ってみた収納特集のムック本。

無印良品もIKEAもニトリも大好きだし、人気インスタグラマーさんたちの中には本で読んだことがある方の名前もありました。

表紙はかなりにぎやかだなとは思っていたのですが、まさか中身も全部こんな感じだとは思いませんでした。

とにかくビッシリ収納写真がいっぱい。

私は、美術館などでも空間にたくさんの絵があるとだんだんしんどくなってくるのです。

同じことが起きてしまいました。

もっと写真の数が少なかったら、たとえびっしり収納されている写真であっても見ることができたと思います。

それでも、何か参考になるものはないかなと最後まで見ました。

そして、結論、「私には無理」。

若いママたちが忙しい暮らしの中で精一杯工夫している様子が浮かび、それだけでちょっと疲れてしまいました。

ものが多すぎます。

自分の今の暮らしとは違いすぎて、まったくついていけませんでした。

素晴らしすぎるのです。

改めて、私は「収納が嫌い」と自覚しました。

きちんときれいに入れることができないから、ものを減らします。

この本は、若いワーママたちにはすごく参考になると思います。

私が買ったのが間違いでした。

たまにこういうミスもします。

自分に向いてないコトはしない・・・。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!