買ったけどあんまり着なかった洋服を捨てる【1日1捨】

広告

カタログやネット通販で洋服を買うと、思っていたのと違うことがあります。

色や肌触り、着心地などです。

今回、処分するのは、ガーゼのUVパーカー。

電気の下では、ラベンダーの色が薄く見えます。

ガーゼなので、涼しいと思い込んだのですが、実際着てみると、暑い。

夏着る物は、サラッとした肌触りの方が涼しい感じがします。

そして、実際にはパーカーの帽子をかぶることはないので、首や肩のあたりがモコモコ暑い。

全体的に、モッコリしていて、着ぶくれして見える。

などなど、カタログでモデルさんが着ていた雰囲気とは異なりました。

素材が良いから肌に良いはずと思うように努力したのですが、やっぱり好きになれませんでした。

色も私には合いません。

洋服はちゃんと試着して買わないといけませんよね。

それから、ネット通販で買ったものは返品もできるわけですが、実際何回か着てみて洗濯もしてみて、やっぱり合わないと思ったわけで、もし返品するのなら即決しなければなりません。

たまにこういう失敗をしてしまいます。

気をつけなければ。

今度から、洋服は必ず試着してから買う。

そこを守ります。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!