捨て方が面倒なモノを捨てる

広告

捨て方がわからないモノって、どうしてもずっとそのまま置いてしまいますよね。

古くてもう使わないんだったら、さっさと捨てればいいのですが。

今回、ずっと置きっぱなしだったこの2つをついに処分できました。

ずっと前の日焼け止めスプレー、穴を開けて捨てればいいのですが、まだ中身が少し残っていて、穴を開けた時にプシューッと出るのが嫌なんですよね。

ついついそのままに。

でも、思い切って、穴あけ器で開けたら、プシューッと出たのはほんの少しで、たいしたことなかったです。

もう一つの虫除けスプレーも同様に、穴を開けてみたのですが、こちらは全くプシューッと言わず。

おかしいなと思って、必死でカバーを開けてみるとスプレー缶ではありませんでした。

ピンクのカバーを外したら、中はただのキャップでした。拍子抜け。

中の液体を新聞紙に含ませて、捨てました。

今度から買うときに捨てる時のことを考えて、捨てやすいモノを買うようにしたいです。

日焼け止めスプレー、便利なんだけど、ひと夏で使い切れるか、微妙ですよね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!