収納だなを捨てる【今および未来の自分が使わないものは手放す】

広告

モノが少なくなると収納グッズが不要になりますね。

母の部屋のモノを整理整頓していたら、収納だながいらなくなりました。

一瞬、施設にいる母に「これ、そっちで使う?」って尋ねようと思いましたが、やめました。

母のことだから、あれば使うと思います。

だけど、6畳くらいのスペースにそんなにモノを置いたら、なおさらごちゃごちゃになります。

入れるところがないから、モノを増やさないというふうに考えるようになってほしいところです。

いずれ、申し込みしている病院併設の施設に移動する予定なので、荷物を増やさない約束をしています。

片づけが苦手な人だから、部屋の中がどうなっているんだろう・・と心配ですが、コロナ禍では家族が部屋まで入ることができません。

収納グッズは、あればそこにモノを入れたくなります。

なければないで、それなりに暮らせるはず。

この収納だなに大事そうに水筒も置いてありました。

ずいぶん使い込んでいます。

熱中症にならないように、と畑仕事をするときはいつもお茶を入れて持っていっていたのです。

家の中から、どんどん母のモノがなくなっていくのは寂しい気もします。

だからと言って、古びた水筒を私が使うことはないし。

これも捨てます。

今、および未来の自分が使わないモノは、手放します。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!