古い乾電池を捨てる【とっくの昔に使用期限が切れていたモノの断捨離】

広告

我が家にずっと置いてあった大量の乾電池。

単1や単2は、滅多に使うことがありません。

以前はストーブなどに使用していたのでしょうか?

私はこんなに買わないので、買い物好きの亡き父が買ったモノだと思います。

父が亡くなって、もう8年経ちます・・・。

未使用のモノだから、と油断していましたが、フッと「乾電池にも使用期限ってあるのかな?」と調べてみました。

パナソニックのホームページによると、

  • アルカリ乾電池の使用期限は10年
  • マンガン乾電池の使用期限は単1・単2は3年、単3・単4は2年

と書いてありました。

実際に見てみると

あらまぁ、2014年12月までだったり、2011年6月までだったり・・・。

このまま放置していて、そのうち液漏れとかしちゃったら大変です。

単3や単4はよく使うので、定期的に補充しているのですが、そう言えば単1や単2はこれからも全然使うことがありません。

袋を外して、処分します。

乾電池には使用期限があるので、ストックは必要な分だけにしておきましょう!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!