カトラリーケースを捨てる【買った時、ついていたモノの断捨離】

広告

買った時についていたモノって、ちょっと使いづらいなと思いながらもそのままにしておくことが多いですよね。

でも、少しずつ収納の仕方を工夫していくと、もっとピッタリのモノはないだろうかと思うようになりました。

今回捨てたのは、このカトラリーケースです。

引き出しの大きさにピッタリなのですが、スプーンなどを縦に入れたり横に入れたりするのがなんとなく気に入らないのです。

本当は、最初からそう思っていたんですが、そういう気持ちを封印して、こんなものだと思うようにしていたのかもしれません。

今まではこんなふうに使っていました。

before

ニトリで買ってきたケースを並べてみました。

after

S・M・Lの3サイズがピッタリ入りました。

普段、私が使う分は別のところに置いてあり、こちらは母や娘夫婦、姉などが来て一緒にご飯を食べるとき用です。

だから、誰が見てもわかりやすい状態になっていると便利です。

準備したり、片づけたり、勝手にやってもらえると助かります。

自分の家なので、使いやすいように替えていけばいいですね。

そう言えば、最初ここに洗剤とスポンジを入れるケースがついていたことを思い出しました。

ケースの裏がヌメヌメになって掃除しにくかったので、早々に外したのでした。

ハッキリ邪魔だと思うモノは、迷わず捨てていましたね。

これからもどんどん自分なりにアレンジしていこうと思います。

捨てても、全然大丈夫。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!