ときめかない骨董品を捨てる【父が買い集めたモノの断捨離】

広告

ファスティングしているとデトックスが進みます。

お腹の中の脂肪はまだなくなりませんが、目に見えるモノは「いる・いらない」の判断がはっきりしてきます。

ファスティングについては、こちらで毎日の記録を報告しているので、ぜひ覗いてみてください。

【初めてのファスティング記録(1)】準備食1日目 ドキドキでも、まだ全然大丈夫です

【初めてのファスティング記録(2)】準備食2日目 お腹は空かないけど、耳が・・・。

すでにずっと会員になっていたところも辞める手続きをしました。

小さな決断をして会員登録をやめました【ずっと会費がかかり続けるものの断捨離】

これからもっといろんなモノやコトをやめていくと思います。

今日は、座敷の奥の物置にずっと保管してあったモノを引っ張り出してきました。

箱に入っていると捨てにくいんですよね。

ある程度の値段がするモノなのだろうけど、私にとって使わないモノはいらない

いずれ、この家を処分する日が来るのだから、それまでずっと物置に保管しておくか、今、捨てるか、です。

でも、一応、箱を開いて確認しました。

この4枚は、これから使おうと思います。

赤いお盆は輪島塗で、なんと祖母の95歳のお祝いに石川県からいただいたものでした。

もう1枚のお盆は相模塗りと書いてありました。

黒い2枚は花台なので、生け花の時に使います。

その他は、思い切って全部処分しま-す。

空箱の段ボールを捨てるのも面倒くさいわ。

こちらは、売れないと思うけど、一応リサイクルショップへ持っていってみます。

母は父が買ったモノを捨てられず、自分が死んだら処分してと言うのだけど、それってずるいよね。

私は、自分で買ったモノは十分使って、自分で後始末したい。

娘たちには娘たちのモノがあるから、お金以外、何も残す必要がないと思う。

父はたくさんのモノを買って、どうしたかったんだろう?

結局、私は父が買ったモノのほとんどを処分してきたけど、しょうがないと思う。

だって、父が買ってきたモノの中に、私がときめくモノがないから。

4枚だけ大事に使うから許してね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!