汚れたキッチン排水口の防臭パイプを捨てる【消耗品は潔く断捨離】

広告

キッチン排水口掃除が大好きなさわこです。

ここにヌメリがあると嫌なので、毎日外して洗っています。

ステンレスのゴミ受けの方は、洗えばいつもピカピカですが、防臭パルプの方はプラスティック製なので、どうしても色が悪くなります。

新しいものと比べてみますね。

コーヒー、お茶、料理の際の汁物などなど色がついてしまうのは仕方ありませんよね。

そんなわけで、我が家では、プラスティック製のものは消耗品と割り切ることにしています。

それでも念のためと思って、一応キッチンハイターにつけ置きしてみるところが私なのですが。

やはり、プラスティックに一度付着した色素は漂白剤でも取ることはできないようです。

経年劣化と言えますね。

使っていると古くなり、傷むものです。

逆に、いつまでも「洗えばきれいになる」ステンレスの素晴らしさに感動です。

メーカー取り寄せ品ですが、アマゾンでも注文できます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!