チラシは見ないで捨てる【不要な情報の断捨離】

広告

郵送のチラシ、封筒の個人情報を切り取ったら、中身を見ないですぐに捨てます。

封筒の個人情報は、切り取って、即、シュレッダーにかける。

新聞の折込チラシも開かずに、そのまま捨てます。

テレビもほとんど見ないし、ネットニュースもそんなに見ません。

新聞だけは毎日ちゃんと読むけど。

最初の頃は、世の中のことに疎くなるんじゃないかと心配しましたが、全然大丈夫でした。

ワイドショーを見て、芸能人や政治家の噂話や連日のコロナ感染者数を見て、嫌な気持ちになる機会がなくなり、穏やかです。

バーゲン品にも魅力を感じないし。

必要な時に必要なモノを手に入れることができればそれでいい。

私たちは、商業ベースに乗せられ過ぎてきたと思います。

身近にある本当に良いモノを見失うところでした。

卵やポテトサラダが入ったパンが常温で何日ももつって不思議過ぎます。

必ずしも安いモノがお得ではありません。

情報を鵜呑みにするのではなく、常に自分の判断・責任で対応していきたいです。

今でこそ、偉そうにこんなこと書いてますが、少し前までは、じっくりチラシを眺めてお買い物依存症でした・・・。

「定番」を決めると安売りの魔力に負けなくなりますね。

年末までに、どんどん捨ててスッキリさせていきます。

【1日1捨】 60代からの本気の片付け 2020年11月の記録

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!