塩素系漂白剤で変色した麻のマスクを捨てようとしたけど、紅茶で染めて復活

広告

マスクを洗うとき、丁寧にハイター漂白したら、麻のマスクだけとんでもなく変色してしまい、びっくりしました。

結構長い時間、つけ置きしたままにしていたのが良くなかったです。

一瞬、何が起きたか、わかりませんでした。

綿のマスクはなんともないのに。

麻の素材の洋服だったら、ハイター漂白するなんてことしないのに、マスクだから除菌しなければと思いすぎてしまったせいです。

漂白剤ってやっぱり強いので、布を傷めるんですよね。

調べてみると、もっと濃度を低くして短時間だったら、大丈夫だったようです。

漂白剤が悪いのではなく、私が長時間つけておいたままだったのが悪いのです。

今度から気をつけます。

追記

紅茶で染めたら良いとアドバイスしていただいたので、やってみました。

紅茶で色出しします。

最初、なかなか色がつかなかったので、つけ置き5時間くらい放置しておきました。

ここまで色がつくと元々茶色いマスクだったのかなと思えるんじゃないかな。

変色してしまった時は、もうダメだ!と思いましたが、麻のような良い素材の場合はリメイクも可能なんですね。

勉強になりました。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!