プラスティック製タッパー保存容器を捨てる【お気に入りではないモノの断捨離】

広告

タッパーウェアというのは、正式にはアメリカのタッパーウェア社が製造しているプラスティック容器のことを言うそうです。

俗に「タッパー」と呼んでいる食品保存容器です。

最近、なんとなくプラスティック製のモノが好きじゃなくなってきました。

安くていろいろな大きさのモノがあり、便利で買い集めていた「タッパー」たちです。

私はiwakiのガラス製容器がとても気に入っています。

保存容器をiwakiだけにしたいと思ってしまいました。

きっかけは、こんまりさんが動画の中で「捨てることが片付けではなく、ときめくモノを選ぶのが大事」と言っていたことです。

こんまりさんの本で何度も読んで、「ときめくモノを選ぶ」のは十分わかっていることですが、やっぱり動画で直接こんまりさんの口から発せられるのを聞くとすごく影響を受けました。

こんまりさんは10代の頃、捨ててばかりいて、だんだん「もっと捨てなければ・・」という思いが強くなり過ぎて意識を失った経験があるのです。

その後、こんなに「ときめくモノがある」という視点に変わり、そこから片付けが楽しくなったと言われています。

私も捨てるモノを選んでいるのは、正直、楽しい作業ではなかったことを認めざるを得ません。

ときめくモノを選び、それに周りを合わせていくのがいいと思いました。

というわけで、プラスティック製のタッパーウェアを思い切って全部手放すことにします。

必要数に足りなくなるので、iwakiの保存容器を買って補充します。

そう考えるとワクワクしています。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!