古い消防点検記録を捨てようとしたら、「原則3年保存」だった

広告

レンタルスタジオの運営を始めて6年になります。

最初、同級生で集まるピラティスの練習場所を作るという気楽な気持ちでのスタートでしたが、いざ出来上がると建物として消防設備の点検が必要でした。

そして、毎年受け取る点検記録をきちんとファイルに綴っていました。

今年も同じように綴ろうとした時、フッと思ったのです。

「去年までのモノ、必要?」

良くわからないモノって、とりあえず保管しがちですが、よく考えてみれば毎年点検していて、去年まではちゃんと大丈夫だったという点検用紙、意味ないのでは??

なんのために保管していたのか・・・。

そう思って、「捨てます!」とブログに書いたら、親切なお友達が

「消防設備等点検結果報告書は、3年保存となっていますよ!」

と指摘してくれました。

査察とか入った場合に提示を求められることがあるから、ちゃんと保管しておかないといけないそうです。

#捨てようと思って、紙袋に出した書類をもう一度ファイルに戻すことになりました。

11月は頑張って苦手な書類に向き合います。

【1日1捨】 60代からの本気の片付け 2020年11月の記録

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!