とっくに期限切れてる保証書を捨てる【いらないトリセツも断捨離】

広告

必要な書類を探すときに、いらないものがたくさん混じっているとなかなか見つかりません。

家電製品の取り扱い説明書や保証書は、買った当初は必要ですが、その後、何年も見ることがない場合は、いらないということですよね。

保証書なんて、とっくの昔に保証期限が過ぎていることがほとんどです。

「いらないモノ」と「いるモノ」に分けました。

別記事に書きますが、「いるモノ」の中にお風呂(システムバス)の取り扱い説明書があり、中を確認してみるとお手入れのページでハッとすることがありました。

やっぱり取り扱い説明書は、読んで大事なところをしっかり確認しておく必要があります。

目を通して、「いらないトリセツ」と「期限切れの保証書」を捨てました。

年末までに100個捨てる計画でコツコツ捨てていたら、もう100個超えました。

【1日1捨】 毎日1つずつ手放し、家の中のモノを少しずつ減らしていく 2020年10月の記録

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!