大きくなり過ぎた観葉植物を捨てる。代わりに、乳がんピンクリボン運動を支援するプリンセチアを植える

広告

ビローンと大きく育った観葉植物ですが、買った時は小さくてかわいい葉っぱだったのです。

小さな植木鉢が窮屈そうで、少しずつ大きな植木鉢に植え替えしていったら、際限なく大きくなってきて、遂にかわいくなくなってきました。

代わりにプリンセチアを植えました。

今はまだ小さいけど、きっとクリスマスになる頃、立派に成長していると思います。

プリンセチアって、ポインセチアを品種改良したものなのです。

このピンク色にちなんで、開発元であるサントリーフラワーズは、日本乳がんピンクリボン運動を支援しています。

プリンセチアの売上の一部は、J.POSHピンクリボン基金に寄付されているそうです。

これから大事に育てていきたいです。

【1日1捨】 毎日1つずつ手放し、家の中のモノを少しずつ減らしていく 2020年10月の記録

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!