使い切ったノートを捨てる【古いデータの断捨離】

広告

いろいろ書き留めたノートが2冊溜まりました。

大事なことをメモして使っていました。

1冊目が終わった時は、大事なことが書いてあるからと思って、そのままとっておいたのですが、2冊目が終わった時、1冊目を全然見なかったなと気づきました。

今、改めて見返してみると「なるほどなぁ」と思うことが書いてあるので、3冊目の新しいノートに書き写そうかと思って少し書いたのですが、面倒くさい!

手書きの良さは、その時、思ったことをそのまま書き込んでいく点にあります。

下書きのようなものです。

本当に大切なことは手帳にきちんと書くようにしています。

また、ブログに記事として残したりします。

そう思うと私の場合、過去に書いたモノは、その時に必要だったことで、ずっと残しておかなければならないモノではないようです。

いろいろ大事なことを書いてありますが、たいした個人情報でもないので、金沢市の燃えるゴミで処分します。

「手書き」で書くと大事なことが頭の中で整理されやすいので、これからも下書きとしてノートを活用していこうと思います。

そして、最後のページまでいったら、見返して、大事なことを手帳に書き写してデータ更新していくようにしていきたいです。

ちなみに、母の家にあったこのノート、これは今の私には怖すぎて捨てられません・・・・。

そっと見えないところに保管しておきます・・・。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!