大きくなりすぎた花を捨てる【もう綺麗じゃないモノの断捨離】

広告

母は野菜を育てるが本業でしたが、趣味で花もよく育てていました。

特にお盆にお墓へ持って行けるような高さがある花を作り、自分で束ねていたのです。

お金がかからないようにしていたのですよね。

私なんて自分で育てることができないから、お供えする花束は花屋さんで買うものだと思い込んでいました。

祖母も仏壇にお供えする花は買わずに自分で花束にしていたかもしれません。

とにかく法事などの時は花屋さんの豪華なお花を使いますが、普段はとても質素な家です。

姉も自分で花を育てるようになり、お墓のお供え用に花束を作って持ってきてくれました。

助かります。

さて、私は、仏壇やお墓のお花を自分で育てるかと言われると、あんまり・・・やりたくないです。

そんなわけで、母が育てていたけど、大きくなり過ぎて、もう見た目も悪いお花を抜いてしまいます。

倒れないように棒を立てて紐で枠を作ってあります。

上の方のまだ咲いているお花だけ切り取りました。

そして、あとは切って燃えるゴミの日に出します。

根っこの部分を掘っていたら、球根?がいっぱい出てきてびっくり。

汗びっしょりになりながら、頑張りました。

右下に小さく写っているのは虫除けスプレーです。

今日も蚊の大群にやられました。

日中は暑いので夕方になってから作業するといっつもいっぱい刺されます。

特にお尻の下の足の付け根のところは100%の確率で食われます。

「ここ、これからどうしようかな?」って娘に相談したら、「健太のドッグランにしよう」とお気楽なお返事。

なるほど。

母の花畑をどうしようかと悩む時点で、かなり花にとらわれていました。

もっと自由な発想で土地を利用していったらいいですよね。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!