男が女のサポートに回ってもいい【プライドを捨てる】

広告

カッコつけて生きてみたいと誰もが思っているだろうげど

カッコ悪くてもいいんじゃないかな

ずる賢くでもいいんじゃないかな

うんとしたたかでいいんじゃないかな

素敵な女性を影でプロデュースする男性っていいと思うな

これからはきっと女性の時代

しがらみを気にせず

誰かに何か言われても知らん顔して堂々と歩いていけるのは女性の方

元々、オバチャンになれる要素があるから

女性って我が子を守るためなら何だってできる

いい意味で小さな世界を大切にできるから強い

内助の功

これからは、女性が前面に出て男性がサポートする形もありだね

だって、古臭い世のオジサンたちは知らないかもしれないけど、小学校で教えているのはほとんどが女性の先生

小さい時にしっかり男女平等を教え込んでいるんだよ

能力がある人がその力を発揮すればいい

誰もその邪魔をしちゃいけない

自分より優れていると思ったら、さりげなく自分がサポートに回ろう

そんな男性、素敵だと思うよ

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!