和室にテーブルを入れる【古い固定観念を捨てて自由になる】

広告

和室にテーブルを入れました。

55年、昭和40年に建った実家は、純和風の家です。

座敷に続く和室を客間とし、縁側がある日当たりが良い部屋は、普段は使われない特別な場所として存在します。

私がこの写真を載せた時、何人もの方から、実家と同じ光景と言われました。

座布団まで同じような絵柄だと(笑)

そうなんですよね。

昔はみんなこんな感じだったんだと思います。

今、こんな部屋がないのは、不要だからです。

普段使わない部屋のために、家の中の一番良い場所を空けておくなんて、もったいないそのものです。

モノなら、いらないから捨てる、ということになりますが、さすがにこの部屋をリフォームしてフローリングにするのは、座敷と続いている関係で大掛かり過ぎます。

お金もかかるので、このまま、使える部屋にアレンジすることにしました。

自宅のコタツテーブルを運んできました。

普通のダイニングテーブルより、若干和風です。

そして、6畳で狭いので、座面が回転する椅子を購入しました。

なんと、2脚で9800円、しかも送料無料です。

(注)私が購入した段階(2020年7月25日)では、2脚9800円(税込)でした。

座面が回転するので、椅子の出し入れがなく、畳の傷みも軽減できそうです。

また、後ろの圧迫感もそこまで感じなくてすみそうです。

ついでに縁側のソファーのところもローテーブルを追加してみました。

これは、新たに購入したのではなく、リクライニングチェアーを捨てた時の相棒が残っていたモノです。

捨てられずに持っていて、今、ここで生き返るように使ってあげることができて良かったです。

今まで、ずーっとほとんど使われなかった部屋が、大きなコタツテーブルをドーンと入れたことで大変身しました。

和室にテーブル

周りが古いままでも、中を今の自分が過ごしやすいように変えてしまってもいいのだ!

古い固定観念を捨てて自由になろう。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!