役割を終えたものとお別れする【こんまりさんの日めくり 6】

広告

こんまりさんの日めくり、今日6日は「役割を終えたものとお別れする。」でした。

本当に大切なものを大切にするために、

役割を終えたものを捨ててみましょう。

役割を終えたもの、たくさんあります。

つまり、今はもう使っていないもの、終わってしまったものたち。

手放せない過去のもの、随分捨ててきたんですけど、実はまだ結構あります。

今までで一番頑張って捨てたのは、子どもたちとの思い出のアルバム20冊です。1冊1冊の中の写真を見て、これはと思うもの300枚くらいを抜き出し、子どもたちと相談し、さらに厳選して小さな1冊だけにしました。

アルバム20冊捨てる【ずっと抱え込んでいたものの断捨離】

でも、この30年分の写真を整理するというこの作業は、すごいエネルギーが必要でした。まさに生前整理でしたね。

こういうことを日常的にしていかなければならないのかもしれません。

2年前に亡くなったポメラニアンのくりこの思い出のものが中途半端に棚の中に置かれたままです。

これまで果たしてくれた役割にきちんと向き合い、

感謝しながら手放してあげることで初めて、

「モノとの関係」や「過去」に片をつけることができるのです。

きちんと片をつけて、思い出箱に入れたいです。

そう思うと、もっとしっかり片をつけていかないといけないのは、書類です。

たくさんセミナー受講してきたので、そのファイルが溜まっています。

私にとっては、「捨てられないもの」だったのですが、確かに「過去のモノ」ではあります。

稀に見返すことがありますが、ほとんど保管した状態のままです。

もう一度、向き合い、今の自分に必要な部分だけ抜いて、あとは捨てます。

どうしても覚えておきたい部分をブログに書いてから、紙の資料は捨てれば良いのかもしれません。

「いつか使うかも」と残してあっただけで、実際には使わないのに、そんなに場所をとるわけではないからそのままにしてあったセミナーファイルたちをついに処分するときがきたんだなと決意した日でした!

2015年に発行された「日めくり」は、今は中古品しか販売されていないので貴重です。

 

頑張って「役割を終えた過去のモノ」と向き合ってみます。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!