片づけは誰でも完璧にできる。やるべきことは2つ【こんまりさんの日めくり 3】

広告

こんまりさんの日めくり、今日3日は「片づけは誰でも完璧にできる。」でした。

えっ、片づけが、誰でも?完璧に?できる?

疑問符だらけですよね。

正直言って、片づけができないとボヤいている人の方が多いはずです。

そして、私自身もたくさん本を読み、たくさんのモノを捨ててきて、それなりに片づけはできる領域にいると思いますが、とてもとても「完璧にできる」とは思えません。

こんまりさんは、片づけでやるべきことは2つと言います。

1「モノを捨てるかどうか、見極めること

2「モノの定位置を決めること

私は、1はできるけど、2ができてないから、自分で「完璧に」片づけができたと思えなかったんだと思います。

逆に定位置は決めてあるけど、捨てる基準が曖昧で必要以上に溜まってしまう人もいるかもしれません。

両方ができたら「片づけが完璧にできた」と思えるんじゃないかな。

ミニマリストの人たちが、お気に入りの部屋でお気に入りのものだけに囲まれてシンプルな暮らしを満足しているのは、自分で「完璧」と思えるレベルなんだと思います。

今朝起きた時、リビングのテーブルに読みかけの本やスマホの充電器が煩雑に置かれたままでした。

定位置を決めてもそこに戻さなければ、意味がありません。

なかなか戻せないのは、定位置が本当にそこで良いのか、定位置自体がグチャグチャになっていないか、にも原因があるようです。

こんまりさんのように、もっと1つ1つのモノにしっかり向き合っていかなければなりません。

1「モノを捨てるかどうか、見極めること」

2「モノの定位置を決めること」

この2つのことを守って、

『片づけは誰でも完璧にできる』を一緒に実践してみませんか?

2015年に発行された「日めくり」は、今は中古品しか販売されていないので貴重です。

 

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい