6月末日まで、2日で100個捨てるシリーズ 第2弾 20/100 【百均の引き出しの断捨離】

広告

なんとなくモヤモヤする気分を一新する目的で、身の回りの「今、絶対必要というわけではないもの」を捨てます。

かっこよく言えば、もっと研ぎ澄まされてみたいのです。

2日間で100個捨てられるか、チャレンジしてみます。

第2弾「余分に買ってしまった百均の引き出し3段」

ちゃんと計算して買ってきましたが、1列多かったので余っていました。

どこかに使えないかなとずっと考えていたのですが、結局使わないので捨てます。

なぜ1列多かったかと言うと、下駄箱の端っこの部分に手をかけて靴を脱ぐ高齢の方がおられるからです。

介護予防運動もプログラムに入れているスタジオです。

80歳を超える方々の安全第一。

下駄箱の上にチラシを置くとき、まさか下駄箱が手すりがわりに使われているとは思いもよらず。

確かに靴を脱ぐ時、履く時、不安定になり、支えが欲しくなるのだと、下駄箱をしっかり掴んでいる光景を目の当たりにして初めて知った次第です。

そんなわけで、靴を脱ぎ履きする位置まで百均の引き出しを置くことはできません。

奥の方にかわいいものを飾ってあります。

本17冊に加え、引き出し3段=捨てるものの合計20個です。あと80個。

第1弾の記事はこちらです。
6月末日まで、2日で100個捨てるシリーズ 第1弾 17/100 【本の断捨離】

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!