高かった枕を捨てる 【今使ってないものの断捨離】

広告

枕に苦労しているさわこです。

なかなか自分に合う枕がなくて、ホテルに泊まる時などは浴室のバスタオルを畳んでそれを枕がわりにして寝ます。

今回、捨てることになったのは、私が宿泊したホテルで「これはいい!」と思いフロントで確認した上で購入したテンピュール社の枕「シンフォニー」です。

私がせっかく買った高い枕を捨てる理由

私がせっかく気に入って買った高い枕を捨てる理由は、今は合わなくなったからです。

2018年1月に、京王プレッソイン東京駅八重洲 に宿泊して気に入ってすぐ購入しました。

その時の記事は、こちらです。

テンピュール社の枕「シンフォニー」を買っちゃいました。

この枕は、寝ている間に頭の重みでちょうど良い具合に沈んでいって、とても良かったのです。

ところが、最近の私は、寝る時しっかり脱力するようになり、一番低いこの枕でも高く感じてしまうようになったのです。

捨てたらどうなるか

今、家ではバスタオルより低い「スポーツタオル枕」です。

枕をしないで寝ようかと思うくらいですが、首を支えるためには枕が必要とのことですから、とりあえず低い「スポーツタオル枕」で落ち着いています。

今後、高い枕に戻ることがないと思われます。

捨てることの罪悪感をどう克服するか

1万円以上する高い枕であること、もしかしたらまた使うことになるかもしれないこと、自分で良いと思って買った商品であること、さまざまな要因で、なかなか手放せませんでした。

でも、「今、使っていない」「今後も使わないと思わる」ので、捨てます

まだ十分使えるし、誰か欲しい人がいるかもしれないとか思ってしまうのですが、私は(ホテルや旅館じゃないので)他人が使っていた枕で寝たいとは思いません。

自分が欲しいと思わないものは、捨てることにしています。

さいごに

1万円以上する高い枕を買ったのに捨ててしまうことを後悔はしません。

だって、あの時の自分の状態にピッタリだったから。

今、また自分の身体の状態がさらに良くなっているので、「卒業」するのだと思います。

ありがとうという気持ちで手放します。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!