大切にしていたのに割れたものを捨てる

広告

去年、中国茶教室の先生のところで、若手陶芸作家さんが作った急須を買いました。

とっても気に入っていて、家でもゆっくりお茶を楽しむ生活をしたいと思っていたのに、残念ながら口の部分が欠けてしまいました。

私が乱暴に扱ったためぶつかった拍子にあっけなく欠けて、ショックでした。

お茶の道具としての意識が低かったです。

ちょっと当たっただけなのに・・・と思ってしまいました。

高かったけど、仕方ないですよね。

大事なものなら、もっと丁寧に扱いなさいということです。

深く反省して、捨てます。

ごめんなさい。

この急須を買った時の記事はこちらです。

さわこと健太の日記2018.8.26 若手陶芸作家さんの急須を買った日

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい