捨てにくいものを捨てる マットレスは有料戸別収集 突っ張り棚は分解して金属リサイクル

広告

新しいものを買ったら古いものはすぐ捨てたいですね。

ところが捨て方がよくわからず、ついそのまま家に置いてあったりしていました。

今回、有料戸別収集でマットレスを2セット捨て、端っこが割れた突っ張り棚は分解して金属リサイクルに持って行って処分できたので報告します。

金沢市では、マットレスは燃えないゴミですが、70cmを超えるので通常の「燃えないゴミ」の日に回収してもらえません。

70cmを超えるものは、自分で戸室の埋立場へ持って行って捨ててくるか、有料戸別収集の手続きを踏んで自宅まで取りにきてもらうかのどちらかです。

マットレス1個500円なので2個1000円。

戸室の埋立場へ持って行った場合1100円なので、今回は迷わず有料戸別収集をお願いしました。

やり方は簡単です。

電話で申し込みをして取りに来てもらう日を予約します。

住んでいる地区でゴミ収集車が回収に来れる日が決まっています。

コンビニなどで券を買ってきて出すゴミに貼り付け、その日の朝8時半までに自宅前に出しておけばいいので楽です。

突っぱり棚の方は、燃えないゴミだと思い込んでいたのですが、分解してみると、中は金属であることがわかりました。

いつもリサイクルゴミを自己搬入している西部環境エネルギーセンターへ持って行きました。

こちらは無料なので助かります。

捨て方がわからないと処分するのが遅れがちになります。

でも、不要のものが家の中にあると「気」がよどむようです。

全てのものが大切に使われている状態になったらいいですね。

金沢市有料個別収集の申し込みはこちらから

個別収集受付センター

西部環境エネルギーセンターについては、こちらで詳しく書いています。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい