満月の夜に手放そうと思うもの ずっと押入れに入れたままの雛人形

広告

2018.10.25満月の夜、何か大きなものを手放す時が来たと思った。

それは、アパートへ引っ越しする時に持っていかないもの。

今、使っていないもの。

捨てられないから、持ち続けているもの。

雛人形

私自身は雛人形を持っていなかったから、欲しかった。

娘が生まれた時に親が買ってくれた7段飾り。

娘たちが小さい頃は、毎年、ちゃんと飾ったけど、だんだん飾らなくなって、数年前に一度飾ったきり、また押入れに眠ったまま。

欲しい人はいないかな?と何人にも声かけたけど、いい返事はなし。

今時、7段飾りを飾る家は少ないだろう。

捨てにくいから、押入れに眠らせていたけど、処分しよう。

いつか処分しなくちゃいけないから、今、しよう。

満月のパワーはすごい。

決めた!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい