今度から、プラゴミのリサイクルをやめようと思います 燃えるゴミの日に出す理由

広告

金沢市も2018年2月からゴミ有料化が始まりました。

週2回の燃えるゴミ、月1回の燃えないゴミを出す時、有料のゴミ袋に入れてださなければなりません。

もうどこの地域でもほとんどそうだと思います。

そうなると節約のために、無料で出せる個包装プラスティックゴミをせっせとリサイクルに回していました。

ただ、大量のプラゴミをリサイクルに回すことにずっと抵抗がありました。

プラゴミのリサイクルに違和感を持つ理由

プラゴミのリサイクルに違和感を持っている理由は、リサイクルにお金がかかることが気になるからです。

各家庭から出されるプラゴミは、水洗いして出しているとは言っても、それを再生するにはもっとしっかり綺麗にする必要があります。

回収して、綺麗にして、再生する、その過程で随分お金がかかり採算が合わないのはよく言われていることです。

そこまでお金をかけてやる必要があるのか、疑問です。

燃えるゴミに出す

昔は、家でゴミを燃やして処分していました。我が家にもドラム缶があって、そこに入れて燃やしていました。

学校にも焼却炉があって、成績など個人資料など年度末に一気に燃やして1年が終わったなぁと実感したものでした。

それがプラスティックゴミが混ざるようになり、各家庭や事業所レベルではダイオキシンが発生するから燃やしてはいけないことになりました。

汚れたプラゴミは、燃えるゴミに出すように言われているくらいなので、金沢市などのゴミ処理場ではそういう心配はなさそうです。

プラスティックを再生産することに抵抗がある

ニュースで魚の体内にマイクロプラスティックが蓄積していると知りました。

空気中にもプラスティックの細かい粒子が浮遊しているみたいで怖いなぁと思います。

プラスティックは、人間が作り出したもので、軽くて丈夫で便利だけど、それが地球にどんどん堆積されていくのは嫌だなぁと思います。

さいごに

自分の言っていることに矛盾があるかもしれないし、こんなこと書いて他の人にどう思われるだろうと不安にもなる。

さらに、環境問題に取り組んでいる人から、もっとしっかり考えて運動しなさいって言われたらどうしようとビビる気持ちもある。

でも、ずっとプラゴミをリサイクルの日まで家の中に溜めていることに抵抗があったので、週2回燃えるゴミの日に出してしまって家の中からゴミがなくなる方が嬉しい。

これでリサイクルに回すのは、瓶と紙類とダンボールと金属と乾電池。

あっ、スーパーで回収してくれるトレーと空き缶とペットボトル。

偉そうなこと言って、結局、家の中から素早くゴミを出してしまいたいだけなのかもしれません。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!