「ペットのトイレ用トレー」から、『予備』を用意することのメリット・デメリットを考えてみた。

広告

子犬の「健太」のお世話に幸せを感じるさわこです。

また3ヶ月なので、1日3回ペットフードをふやかして食べ、1日3回ウンチをします。

ウンチのたびにトイレ用トレーのメッシュカバーを洗う。

ご飯を食べ終わると、ウンチをするので、ケージの中に入れます。

ケージの中のトイレでちゃんとウンチをするお利口さんの「健太」です。

ただ、ウンチの上を踏んでしまいます・・・。

お母さんは、「健太」の足を拭き、トイレ用トレーのメッシュカバーについたウンチをシャワーをかけて洗い流し、お掃除します。

予備があれば、干しておける。

予備があれば、洗ってそのまま自然乾燥できます。

いちいち拭かなくても良いわけです。

朝、急いでいるときなど、即、予備を使えばいいので楽です。

予備がなかったら、すぐ拭いて、また使う。

予備がなかったら、すぐ拭いて、また使うしかありません。

「トイレ」は、いつもケージの中に置いておかなければなりませんからメッシュカバーを洗ったらすぐ拭きます。

台所の洗い物と同じ…

洗うのは嫌いではないけど、拭いて片づけるのがめんどくさいです。

洗濯物も洗って干すのまではいいけど、たたんで片づけるのが苦手です。

でも、そういう最後の部分までやって初めて、きちんと終わるんですよね。

途中でやめるといつも中途半端です。

結局、予備はあったほうが良いのか?ないほうがいいのか?

洗って自然乾燥させておくのは楽かもしれないけど、どうせ、あとで片づけなければならないのです。

そして、予備を保管しておく場所も必要です。

1つしかなければ、すぐ洗って拭いてまた使う・・・シンプルでいいです。

結局、予備は、いらないです!

さいごに

ペット用のトイレで考えてみましたが、他のものでも同じかなと思います。

昔の人は、一つのものを大切に使っていました。

私も、やっぱり少ないものを大切に使う方がいいなと思います。

予備があった方が安心と思い、同じようなものを2個も3個も買ってきましたが、1個がダメになったら次のを買うように切り替えていきます。

ただし、おしっこシートとかは、どんどん使い捨てしますし、ちゃんと予備をキープしておきますけどね。

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!