【冬物の断捨離】お別れする衣類に「ありがとう」

広告

来年も使うかな?と考えて、片づけるか処分するか、決めています。

2年前の冬、買ったお気に入りの超あったかい帽子。

今年の大雪のとき、いっぱい被りすぎて、ユルユルになってきました。

雪が降ってる最中もずっと被っていたからねぇ。

寒いときは、家のなかでも被っていました。

耳まで隠れて、頭に洋服を着ているみたいにあったかかったです。

 

今年の冬、また新しいのを買いたいので、お別れすることにしました。

最近は、シーズン終わりに、次のシーズンに使わないものは手放すことにしています。

だから、持ち物はとっても少ないままです。

 

もっと大事に長く使いたかったけど、大雪のときはそんなこと言っていられませんでした。

この帽子を被っていたから、私は、風邪もひかなかったのです。

 

以前、「ありがとう」と言って手放すというのを聞いたときは、正直「え~?」って、引いていました。

でも、やっと意味がわかった気がします。

これを読んでいる方のなかにも「帽子にありがとうって、大丈夫か?」って思ってる人もいると思います。

でも、モノを減らしていくと、だんだん一つ一つのモノが大切に思えてくるんですよ(@_@)

不思議ですね。

 

そんなわけで、まだ風は冷たいけど、日差しはすっかり春なので、冬物を断捨離します。

ありがとう。

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!