ついに我が家から生ゴミ用のゴミ箱がなくなった日。【オリンピックまで続けるお掃除日記】

広告

オリンピックまで914日。まだ「1000日続けるお掃除日記」継続中。

金沢市は、2月から燃えるゴミと燃えないゴミが有料化されます。

ゴミ袋も節約したい。

あるのが当たり前だった生ゴミ用のゴミ箱、ついに我が家からなくなります。

今までも私は、生ゴミを小さいナイロン袋に入れて、固く縛って普通ゴミのゴミ箱に入れていました。

母に聞いたら、同じようにやってくれるとのこと。

これで、ゴミ袋は、1枚だけで済みます。

しっかり蓋が閉まって、臭いがもれない優秀な生ゴミ用のゴミ箱で、これに勝るものが見つけられず、ずっと20年以上使っていたのです。

お別れするのが、ちょっと寂しい(笑)

今までどうもありがとうございました。

金沢市では、中のプラスティックケースは、燃えるゴミ。外側のステンレスは、リサイクル用の金属ゴミ。

無料の間にプラスティックケースを燃えるゴミに出します。

ゴミ箱まで断捨離することになるとは、ちょっと自分でもびっくりです。

さわこ
次は、何を断捨離しようかな?

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!