着ていない礼服を捨てて、「喪服2着」+「お出かけ用の3着」を整える。

広告

かつて教員をしていたときは、「礼服」兼「喪服」を着る機会が多かったです。

入学式は明るいスーツですが、卒業式は黒の礼服と決まっていました。3月の体育館は、超寒いのでパンツスーツも持っていました。

喪服としてもよく着ました。職員数が多い学校に勤めていた時などは、月に1回お通夜に参列していたことも。

おじいさんおばあさん、義理のお父さんお母さんとかいうような場合まで真面目に行っていましたからねぇ。

 

今、喪服は、夏用と春秋冬用の2着持っています。十分です。

喪服だけ洋服カバーかけています。

捨てようと思っていた礼服の中のワンピースの部分、もったいないので、ジャケットと合わせて今度観劇のとき着ていこうと思います。

昔のほうが高いものを惜しげもなく買っていたんだなぁと気づきます。働いていた頃は、きちっとしたものが必要だったんですね。

今は、自分で洗えるものしか買わないので、ジャケット3着は「お出かけ用」で「お気に入り」の「捨てられない」「貴重な」ものです。夏用・春秋用・冬用の3着あるので安心。

 

「喪服2着」+「お出かけ用3着」これだけしかないけど、これだけある。

 

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!