「使うモノ」を収納しよう

広告

タンスの一番下の段は、特別に浅いです。ここに

ヘルスメーターとひざ掛けを入れています。

膝掛けと言っても、膝に掛けるわけではなく、ラグがわりに下に敷きます。

着替えるとき、足が冷たいからです(((^_^;)

体重と体脂肪率を計って、鏡でプヨっとしたお腹回りを見て、ちょっとガッカリしながら服を着替えます。

アクセサリーは、ここに収納。

パジャマは、ここへ

着替え終わったら、すべて片づけます。

そして、ルーロをスタートします。

次に部屋へ戻ってくるきたとき、ルーロはちゃんと部屋の掃除を終えて充電されています。

食洗機がかなり一般的になってきたように、ロボット掃除機も今後、普及されていくと思います。ただし、床にモノをできるだけ置かないが絶対条件ですね。

ドイツ人は、使うものを収納するのに対して、日本人の多くは、使わないものを収納しているとよく言われます。使わないものは、捨てればいいですね(^_-)-☆

 

ぽちっと応援していただけると励みになります(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!