買ったときは必要だったけど、今は不要になったものを手放す

広告

必要だから購入し、使っていたらもう不要になったものもあります。

私にとっては、親指シフト入力をするための特別なキーボードです。

私は生まれつき両手の薬指が短いため、他の人と同じようにキーボードを打つことができませんでした。

ローマ字入力の時は気づきませんでしたが、親指シフトで入力する時は、薬指もしっかり押さえないと打てない文字があるのです。

途中でもうダメだと泣きたくなって諦めようとしたときに用意してもらったのがこのキーボードです。

このキーボードで一生懸命練習しました。

今では不思議なことにこのキーボードがなくても普通にMac上のキーボードで入力できるのです。

薬指が短いなりに力の入れ方を身につけたみたいです。

人間のリハビリ機能ってすごいなぁって思います。

そんなわけで、私にとってもう不要になったものを手放します。

特別なものなので、実はすごく高かったです。

でも、もう使わなくて済むので私には不要です。

私のような人がいたら役に立ててもらおうと思い、寄付することにします。

今までありがとう。

私がこのキーボードを使うことになった時の記事はこちらです。

親指シフト道場 できないことを習って一生懸命やろうとしている私 健気で愛おしい
https://sawako3.jp/thinking/14844 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!

あわせて読みたい