旅行の日の朝、余裕をもって出発するために心がけていること

広告

非日常を日常的に楽しむようになってきました。

退職してから自由に時間を使えるようになり、毎月のように旅行に出かけています。

一人で東京へ行くのはもう旅行の感覚がないほどです。

最初の頃は、新幹線に乗り遅れたり、前日の夜中まで準備していて寝不足だったり、帰ってきてから体調崩したりしました。

今は、特別なことではなく、普通のこととして旅行を楽しめています。

どういうところが違うから非日常を日常的に楽しめるようになったのか、考えてみました。

まず一番に違ってきたのが、荷物の少なさです。

着替えは最低限、化粧品もコンビニの旅行用パックを利用、シャンプー類は持っていかない。

これだけで随分違います。

次に気をつけているのが、忘れ物がないようにです。

旅行に持っていくものを常にスーツケースの中に入れておいてあります。

折りたたみ傘や小さくたためるレインコート、旅行用化粧品パック、御朱印帳もスーツケースの中が保管場所です。

毎回、不要のものを出し、必要なものを足して持っていきます。

最後に、朝、バタバタしないために、前日の夜、すべてのものをスーツケースに入れてしまいます。

朝、使うコンタクトや化粧品はスーツケースの中から出して使い、すぐ戻します。

いつも荷物を整理整頓してあれば、忘れ物も探し物もなく、慌てず、旅行を楽しめます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!