洗面台排水溝の蓋をやめてみた 別に困ったことは起きてない

広告

洗面台の洗い場の部分、排水溝の蓋の汚れが取りにくく困っていました。

髪の毛が流れて行かないよう、うまく絡まっていて機能としてはOKなのですが、掃除がしにくいのです。

端っこにある排水溝の蓋です。これを下げれば、洗い場に水を貯めることができるので、必要な時もあります。

白いプラスティックの穴の部分に髪の毛が絡まるのです。そして、そこの隙間が狭く指が入らないため、とても掃除しにくい。

この蓋を使うのをやめてみました。

排水溝の穴が空いていて、見栄えが良くないし、何かを落とした時、即、流れていってしまいそうで心配でもあります。

ムスメも使っている洗面台なので、恐る恐る、蓋を外したままにしてみました。

3日経ちますが、何も起こっていません。

蓋は、使う時もあるかと思うので、捨てないでおきますが、このまま外しておこうと思います。

掃除の手間が大きく軽減されました。

当たり前のように、付いているものを外してみるというのも悪くないなぁと思います。

ただし、穴が丸見えで、見栄えが良くないので、自宅だけにします。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

広告

あわせて読みたい

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!