「迷う」を断捨離すると、時間もエネルギーも節約できる。

広告

迷うことを極力やめているさわこです。

「迷う」を断捨離するといいことばかりです。

何を迷っていたかというと。

毎晩、安い深夜電力時間に、60度除菌コースでタオルの洗濯乾燥をしています。

そのため、朝、洗濯乾燥機の乾燥フィルターを掃除しなければなりません。

その際、「ブラシで埃を取るだけにしようか?」「ウェットティッシュで拭き取ろうか?」「水洗いして目詰まりしないようにしようか?」どこまでキレイにするか、いつも迷います。

その時の汚れ状況、目詰まり状況で判断していました。

でも、その「迷い」を断捨離しました。

毎回、「水洗いする」ことに決めてしまったのです。

毎回、水洗いすることに決めた理由

毎回、迷わず、「水洗いする」と決めた理由は、3つあります。

1.水洗いが一番確実に汚れが取れるから

2.迷っていると朝の掃除の流れが一瞬止まってしまうから

3.迷うと考えなければならないから

迷いがないと時間が節約できる。

迷いがないと大げさですが、時間が節約できます。

迷っている時間そのものは、本の数秒にすぎませんが、いったん手が止まると、次に動き出すのが遅くなります。

迷いがないとエネルギーが節約できる。

さらに迷いがないとエネルギーも節約できます。

迷うことで使うエネルギーはほんのわずかですが、いったん考えると、勢いがなくなり、やる気が失せていきます。

習慣化して、何も考えずにやってしまうのがいい。

歯を磨くように、何も考えなくてもそれをしないと気持ち悪い、くらいになっちゃえば楽です。

まさに小さな習慣ですね。

何も考えずにできてしまうと、時間もエネルギーも実動分しか消費しません。

最後に

家の中の掃除に関しては、できるだけ毎日やったほうがいいです。

やらない日があるとゴミが溜まって、溜まるとキレイにするのに時間がかかり、疲れて嫌になります。

嫌になったら続かないのです。

だから、嫌にならずに楽しくやれる方法を考えたほうがいいです。

結局、嫌だとか思わず、毎日、当たり前になるように、どんどんやっていったほうがいい

やればやるほど楽になる

不思議な法則ですね。

 

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!