60歳からのおしゃれのコツby中山庸子 しんどくない自分流のラクおしゃれ

広告

60歳になったら、どんな服を着れば良いのかなぁと悩むところです。

結局、いつも同じような服、しかも地味な服を選びがち。

そんな「おしゃれに自信がない私」ですが、ラクでおしゃれなポイントは、「きつい」「重い」「痒い」「危ない」ものを身につけないことだと納得しました。

体型隠してもいい

「似合う・似合わない」以前に、「着られる・着られない」問題があります。

とにかくキツイのはダメです。

寒がりの私は、以前、よくタートルネックのセーターを着ていたのですが、最近、首まわりがキツくなって着られなくなりました。

でも、首元が開いているとやっぱり寒いので、マフラーやストールを愛用しています。

また、下半身デブでお尻が大きいのも悩みで、いつもチュニックで隠しています。

きちんとしたスカートは窮屈で履きたくない。

それなら、ワンピースやロング丈カーディガンを着ることで、体型をカバーしながら少しでもおしゃれに。

ワンピースの上にベストを着るのもいいですね。

肌に優しい素材

肌があまり強くありません。

ストッキングは普通のものを履くとすぐ足が痒くなってしまうので、高いですがシルクのストッキングを買って履いています。

痒くならないストッキング シルクだから乾燥肌・敏感肌の人にオススメ【高くても買って良かったもの】

綿・麻・毛、天然素材はいいですね。

ついつい洗濯がラクなことから、洗ってもシワにならないもの、乾燥機に入れても縮まないものを買ってしまうのですが、おしゃれをするにはアイロンかけも覚悟しないといけないようです。

こんな感じの上はゆるくて、下が締まっている感じが好きです。

カシミアだとだらしなくならなくていいですね。

歩ける靴

靴って大事です。

若い頃、外反母趾になって痛かったです。

今、若い子たちもワンピースにスニーカー履いたりして、軽やかですよね。

よく「スリッポン」と言っているけど、正式には「スリップ・オン」だそうです。

スッと履いたり、脱いだりできる。

この時の見せソックスをおしゃれにすれば良いのですね。

さいごに

女子会の時は、ちょっと気合入れて行きたいですね。

たまにこういう機会があると楽しみです。

おしゃれに縁がなく、若い頃からいつもトレーナーとジーンズというラフな格好ばかりしてきました。

でも、そういえば大学生の頃はもう少しかわいい服を着ていたような気がします。

教員時代、裾の長いスカートを履いていたら、床に落ちた黒板のチョークの粉で汚れたりしたのを思い出します。

でも、パンツを履いたら、「お尻大きいからスカートの方がいいですよ」と男子に言われ、それもまた今でも忘れられないショックな言葉(笑)

これから孫ができたら、素敵なおばあちゃんになりたいから、「しんどくない自分流のラクおしゃれ」を目指していきたいです。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

金沢大学 日本史専攻 卒業。お城の中にあるキャンパスで加賀藩について学び、金沢をこよなく愛する。

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!