90歳の母、姉が病気で入院して痩せたことに気づかず、ホッとしたり、拍子抜けしたり

広告

母は、2ヶ月に1回定期通院しています。血圧の薬をもらうだけなので、全然たいしたことないのですが、毎回、姉と2人で付き添っていました。

親子3人で会うのもいいものです。

母と姉

今回、姉は退院したばかりなので、母の病院へは付き添わず、レストランでおしゃべりするだけにしてもらいました。

4階の一般居室に入居している母同伴だとレストランの食事が割引になります。

私はわざと遅れて行って、母と姉の2人だけの時間を作ってあげました。私はいつも母と会っているけど、姉はあまり会えないからです。

以前、姉が「親孝行したい」って言っていたので、気を使ってあげる優しい妹(笑)

実は、母が心配しないように、姉が病気で入院し、手術もしたことを伝えてありません。

姉は、手術前はずっと点滴で、術後もお粥だったから、かなりの肥満が7kgくらい痩せてスッキリしました。

でも、母は全然気づかなかった・・。

姉は、何て言われるかなと覚悟していて、「妹に太っていたらダメだっていろいろ言われるから、ダイエットしたんだ」って言うつもりだったみたいなのに。

1時間くらいいろんなことをしゃべっていたらしいけど、母はほとんど自分のことをしゃべっていたようです。

新しい施設に変わって知らせたいことがいっぱいあったからでしょうね。

母は自分のことでいっぱいいっぱい?

結局、姉が病気になったことも入院したことも手術したことも、痩せたことすらも、何も気づかなかった母。

余計な心配をさせなくて良かったとホッとした反面、娘が病気になったことも気づかないんだな、自分のことでいっぱいいっぱいなんだなとちょっとガッカリしてしまいました。

まぁ、姉は痩せたと言っても、顔は全然やつれていないし、フワッとした服を着ていたので、入院していたことを知らない人はみんな気づかないかもしれません。

人間って、よっぽど相手のことを思いやる気持ちがないと相手の変化に気づけないものですよね。

髪型変えても気づかない人だっているからね。

そして、もし「痩せたんじゃないか?」って思っても、「ダイエットしたんだ」って言われたら「そうか」ですね。

まさか自分の知らないところで、いつの間にか入院してたなんて考えもしないと思います。

でも、他人なら気づかないだろうけど、自分の娘でも気づかないものなのかなぁとちょっと悲しくなりました。

そんなものですかね。

さいごに

母と姉は似たタイプです。

お互い、自分の言いたいことを言って相手の話はあまり聞かない(笑)

それでいて、別にお互いに何も思わないみたいなので、相性が良いのだと思います。

私はとにかく母が余計な心配をせず、呑気に過ごしてくれることを望んでいます。

母はこのシルバーカーがあれば、どこでもスイスイ行けます。

もし,私が病気にでもなったら、母は不安でいっぱいになると思うので、健康第一で過ごします。

つくづく私が笑顔でいることが、みんなのためになると思う今日この頃です。

姉の入院のことについては、こちらに書いています。

姉の病気から学んでいること

病気は知らず知らずのうちに何年もかけて体を蝕んでいくものです。そして、ストレスが引き金となります。

体はいつも私たちにサインを送ってくれています。無視しないことが大事ですね。

母も姉も、私に「これからどう生きたら良いか」を示してくれています。

私は、学んでいることをここに書き綴り、将来の自分の課題として向き合っていきます。

読んでくださっている方々より、だいぶん前を歩いていると思うので、ぜひ遠い未来のこととして余裕を持って見ていてください。

知らないことは不安だけど、見えていれば見通しが立って対処しやすいでしょう。

90歳になっても、人生を楽しむことができる母。

それより若くても、大きな病気になってしまい、これからは今までよりうんと体をいたわっていく必要がある姉。

そして、病気にならないように、一生懸命努力している私。

それぞれがこれからどんな生き方ができるか、見ていてくださいね。

あなたもお元気で!

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!