90歳の母、 ケアプランに自分で署名する 「シニアホームみらい鞍月」

広告

90歳の母は、一昨日、病院併設の有料老人ホーム「シニアホームみらい鞍月」に引っ越ししました。

居住地が変わったため担当地域包括支援センターも変わり、新たに介護予防サービス支援計画表が作られることになりました。

ケアマネジャーさんが関係者を集めてくださり、みんなで母のケアプランの確認をしていただきました。

耳が遠くてよく聴こえないんだなんて、言いながらもちゃんと会話に加わって楽しそうに話している母は、自分でしっかりケアプランに署名できていました。

自分で自分のケアプランに納得してサインできるって、大事なことですよね。

1週間ですべて完了

「シニアホームみらい鞍月」に空きが出たと連絡を受けたのが10月13日(水)、私が見学に行ったのが10月15日(金)、10月17日(日)に引っ越し、10月19日(火)にケアプラン作成。

我ながらわずか1週間でテキパキとスムーズにうまくいったなぁと、今、ふぅ〜っと息をついています。

10月13日の段階ですぐにケアマネジャーさんに連絡したのが良かったのです。

だから、すべてのことが同時進行で進みました。

具体的には、10月14日(木)母はココファン藤江でヘルパーさんの介助で入浴しています。10月16日(土)ココファン鞍月でデイサービスに参加しています。10月19日(火)シニアホームみらい鞍月でケアプラン作成会議に参加後、ココファン鞍月でのデイサービスに参加しました。

デイサービス担当の方もケアプラン作成会議に参加してくださっていたので、終わったら母を連れて行ってくれたのです。

引っ越しして、生活する場所は変わりましたが、どちらも石川県庁のすぐそばです。

デイサービスの場所も変わらないし、休まず行けたので、入浴もいつも通りできました。

わずかなことではありますが、高齢者にとって、環境が変わることはかなりの負担になります。

できるだけ混乱がなく、わかりやすい状態にしてあげるのがベストです。

介護サービス追加したら、実費になっちゃった

今回は、洗濯乾燥機の使い方だけがちょっと心配なのと、やっぱり掃除がきれいにできていないことがわかったので、週1回の掃除をヘルパーさんにお願いすることにしました。

コロナ禍の状態では、まだ家族といえども部屋へ入ることができないため、やむを得ません。

自由に部屋へ入れるようになったら、私が定期的に行って掃除してあげればいいので、その分は断ろうと思います。

というのは、その分は介護保険の点数を超え、実費になるからです。

実費って、やっぱり高いですよ。

母のような介護認定を受けていない(要支援にもなっていない)人も「地域支援事業」という形で『5032単位/ 月』=5032円分の介護保険を利用させてもらっています。

今まで、週2回のデイサービスが3708円、週1回の入浴介助が訪問型サービスとして1082円でした。

今後、これに週1回の掃除が訪問型サービスとして追加されると、いきなり1082円が13608円になるみたいです。

1割負担のところを実費になると10割負担だから、高すぎる・・・。

細かい金額の内訳をもう一度、ケアマネージャーさんに確認してみます。

私の失敗を参考にしてください

軽い気持ちで「コロナの間だけ、ヘルパーさんにお掃除にも入ってもらえたら嬉しいです。」なんて言っちゃったものだから、失敗です。

何事もすべてお金が伴いますから、これから介護保険を利用しようと思う方はよく考えて最大限、上手に利用してくださいね。

私も勉強不足なので、先にいろいろ失敗して、それをありのまま紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

それぞれの介護度によって、使えるサービスの限度額があります。

ただし、介護度が高くなり、たくさんサービスを利用するということは、たとえ1割負担であってもそれだけお金がかかるということです。

友達のお母さんは、介護2から一気に介護4になって、今までより高くなったと嘆いていました。

でも、お世話になっているから払わざるを得ません。

お金の面だけを考えるなら、家で暮らすのが一番です。

ただし、ひとり暮らしで刺激のない生活をしていると、足腰が弱り転倒したり、認知症になる可能性が高くなるのも覚悟しなければなりませんから、一概にお金がかかるかからないで判断できませんよね。

そりゃあ、家族と同居して仲良く暮らすのがベストですけど・・・。なかなかねぇ。

さいごに

とにかく母は、「部屋がきれいだし、キッチンもあって嬉しいし、4階で眺めもいいし、まわりの人もみんな親切だし」と、とっても気に入ったみたいで、私も良かったなぁと思っています。

そして、母に「写真を撮って!」とお願いしているのですが、やっぱり食事がすごくいいみたいです。

お魚は大きいのが出てくるし、お肉も細切れじゃなくてちゃんとしたお肉が入ってるって喜んでいました。

タンパク質もばっちりなんでしょうね。

90歳の母がますます、元気になるわ(笑)

パワフルになる母に負けないように、私も栄養つけなければ・・・。

みなさん、年とってもタンパク質が大事ですよ〜。

引っ越しの記録です。

90歳の母、終のすみかに引っ越します「シニアホームみらい鞍月

90歳の母、病院併設の有料老人ホームに引っ越しました「シニアホームみらい鞍月」

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!