母は、本当は園芸(野菜づくり&花を育てること)が好きではなかったのか?

広告

89歳の母が、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に入り、介護予防サービスも利用するようになって1年。

初めての介護予防サービス支援計画の更新のための会議がありました。

89歳 母の介護予防サービス支援計画の更新 要支援2から自立になり 地域支援事業で対応

ケアプランは誰のためのもの?

ケアマネージャーさんが作成してくれたプランに従って、本ん・家族・関係者(施設職員・デイサービス担当者)が共通理解します。

実は、施設の担当者が母に伝えてなかったので、私が施設に着いてから母を部屋から呼び出しました。

施設の方は、私が行くので母は参加しなくてもいいと判断してしまっていたのかな?

ケアマネージャーさんも私も、当然本人も同席するものと思っていました。

やはり、本人のことなのだから、本人が主体的に意見を述べるべきと思います。

その割に、何か、付け足したいことはないですか?と聞かれた時、本人は何も言わないのに、私がしっかり要望を伝えてきましたけど。

要望

私が要望したことは、2点です。

  1. コロナがおさまったら、でいいので、歩いて5分のところにある、近くのドラッグストアまで買い物に行かせてあげてほしい
  2. ずっと農業をしてきた園芸のプロなので、得意なことを生かし、(プランテーでいいので)野菜づくりや花づくりをさせてあげてほしい

一人で買い物

熱中症で体調を崩す前までは、一人でシルバーカーを押して歩いて15分くらいの大型スーパーまで買い物に行っていた母です。

自分で好きなモノを買いに行けるといいだろうなと思います。

本当は、サ高住でアパートみたいなものなので、外出は自由なのですが、コロナ禍の今は現実的に難しいです。

母の方も、すっかり自分では出られないと思い込んでしまっています。

本当は、自分で買い物に行けるのになぁ・・・。

野菜づくり・花づくり

家にいるときは、キュウリ・ナス・トマト・オクラ・レタス・ブロッコリーなどを作り、みんなに分けてあげるほどでした。

私は、手伝わされるのが嫌だったので、無理して作らなくいいと否定的に見てきました。

実際、2020年の5月、30度の暑い日が続いた時に草むしりを頑張りすぎて、熱中症になったのですから。

でも、野菜づくりに関しては、本当に上手で、水やりや追肥もきちんと行うので、美味しく立派な野菜を育てます。

花もいっぱい咲かせます。

私は、それが好きなんだとばかり思い込んでいたのですが、もしかしたら違ったのかもしれません。

と言うのは、母は後で私に野菜も花も作らなくていいと言ったのでした。

もう作りたくないという言い方でした。

人間って得意なことをやるのが生き甲斐になるのかと思っていたのですが、母はもうそんなことより、塗り絵をしたり、デイサービスのゲームをしたりする方が楽しいようです。

どういうこと??と不思議でした。

家へ帰って、冷静に考えてみると、母が野菜を作ったり、花を作ったりしていたのは、節約のためだったのかもしれません。

特に、花は丈が高いお花を作りたいと言っていました。

仏壇やお墓にお供えするためはある程度の長さが必要だからです。

小さな可愛らしいお花は、使えないのです。

確かに、仏壇やお墓のお花を毎回買ってきている私は、これって結構お金かかるな・・・と思っています。

特に、夏場はすぐ花がだめになるので、スーパーの500円の花で十分と思っているのですが、それも毎日水換えをしても1週間しかもたないとまた500円かかる・・・と思ってしまいます。

そして、母みたいに私もお供え用の花を作ろうかと思うのですが、すぐ、やっぱり面倒くさいから私には無理と思い直します。

さいごに

今、母は食事の用意も仏壇やお墓にお供えするお花も用意する必要がないのです。

だから、わざわざしんどい思いをして作る必要がないのですね、きっと。

私はてっきり、母は園芸が好きだからやっていると思い込んでいたのですが、節約のためにやっていただけだったのかもしれません。

母のことがわかっているようで、わかっていません。

自分で勝手に美化していた部分もあるようです。

母は、私か思っているよりうんとたくましい人です。

頑固な父や祖母と一緒にいてじっと耐え抜いた人ですから。

母は、自分で言いたいことを言えるんだから、私が代わりに言う必要はなかったと反省しています。

耳が遠いので、つい周りの人に気を遣って、母の先に私が答えてしまったりするけど、それもやめようと思います。

母の人生ですから、母がちゃんとしっかり聞いて、自分で判断すればいいのです。

でしゃばらないように気をつけます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

そして、

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!