89歳 母の介護予防サービス支援計画の更新 要支援2から自立になり 地域支援事業で対応

広告

母が介護予防サービスを受けるようになって、1年経ちました。

「介護」の状態の人には、「介護サービス」ですが、まだ介護が必要ない人は「介護予防サービス」です。

「要支援」→「地域支援事業」

昨年は、体調を崩し入院している最中に判定を受けたため、「要支援2」でしたが、今年は「支援」すらつきませんでした。

それくらい元気になってしまった(笑)

元々、元気だったのですが、熱中症で脱水症状を起こし動けなくなったのを、私が大変なことになった・・・と思い込んで、入院させてしまったのです。

コロナ禍だったので、簡単に病院へ行くこともできず、「とにかく点滴してください。そのまましばらく入院させてください。」と頼み込んでしまった・・・。

でも、母は入院したことで、食生活も改善され、体重が5kg以上減って膝の負担も軽減され、今では杖もつかずに歩けるようになったのでした。

事前にケアマネージャーさんから連絡を受け、今年は「要支援」をつけることはできないから、在宅の人の「地域支援事業」として、今まで通りの支援を継続しましょうと言われていました。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、アパートのようなものですから、在宅扱いなんです。

「地域支援事業」の介護予防型通所サービスとして、今までのデイサービス等を継続できます。

しかも、利用者負担金額は変わらずに。

ありがたい話です。

「地域支援事業」でも自己負担額は変わらず

ケアマネージャーさんがこんなふうにしてくれなかったら、母はせっかく楽しみにしているデイサービスに通えなくなる、あるいは10割全額負担で通うことになる?

母の場合は、不動産収入があるため、保険料は3割負担です。

週2回のデイサービスと週1回の入浴介助で、月14,728円の負担です。

デイサービスに行った時、お風呂に入れてもらえるので、それ以外にもう1回、今いる施設で入浴します。特別、介助してもらわなくても良いのですが、入浴後、お風呂の掃除をしなければならないので、その分を代わりにしてもらっています。

そしたら、ちゃっかり背中を洗ってもらったり、最近は髪の毛まで洗ってもらっているようです。一人で暮らしていた時は自分でしていたのにね。

「お金かかっても、週3回はお風呂入りたいわぁ」と言うので、(そりゃそうだろ)と思います。私だったら、週3回しか入れないのか・・と思っちゃいますが、母はそれでいいと言うので良いです。

母はたまに(口だけですが)「お金がかかってごめんね」と言いますが、母が父と一緒に汗水たらして働いて貯めてきたお金だから、好きなように使えばいいのです。

よく私に「ありがとう」と言ってくれるのですが、(いやいや、あなたのお金をあなたが使うのは当然)と思いながら、気前よくお金を払っています。人のお金って減っても気にならない。自分のお金を使うことになると話は違ってくるだろうけど。

困ったら、とにかくケアマネジャーさんに相談

母が昨年5月に体調を崩して入院した時、すぐ病院のケアマネージャーさんに相談できて、トントン拍子で介護予防サービスを受ける話が進んでいって、本当によかったです。

あの時、具合悪くならなかったら、いつまでもサービスの受け方がわからないままでした。

今思えば、せっかく介護予防サービスというものがあって、要支援になっていない人でもデイサービスに通うことが可能なのだから、とりあえず地域のケアマネージャーさんに相談に行けば良かったのです。

もう1年経ったのか、と思ったり、まだ1年しか経っていないのか、と思ったり。

でも、多くの人に支援していただいて、母も私も助かっています。

介護保険は、高齢者もその家族も支えてくれています。

ありがとうございます。

さいごに

母の介護にかかる費用については、こちらの記事で買いています。

介護予防サービス支援料金 月15000円(介護保険3割負担)追加で月17万円、年間200万円【親の介護】

昨年、ケアマネージャーさんと初面談した時の記録はこちら。

88歳の母が施設に入所するまでの記録(1)明日ケアマネージャーさんとの初面談です

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!