高齢の母との関係が良くなったきた理由【親の介護】

広告

89歳の母との関係がとても良くなってきました。

一時、同居した時は、ストレスを感じて、母のことを嫌いになりかけたので、今の状態をありがたく感じています。

今、どういう状態なのか、どうしたらストレスがなくなったのか、書いてみますね。

高齢の親御さんがおられて、どんなふうにかかわっていけばいいか、迷いがある方の参考になれば嬉しいです。

田んぼの稲が育ってきました。サギが餌を探しています。

同居しない

まず、離れて暮らしていた親子が同居するのは、なかなかハードです。

たいていは両親のどちらかが亡くなり、一人になって心配だからという理由での同居だと思うのですが、その時点で親が子どもに自分の面倒をみてもらうことを当てにするようだと負担になります

それまで、別々の暮らしをしてきたわけですから、お互いの歩み寄りが必要です。

親しき中にも礼儀ありで、良い意味での遠慮をしあうのが大事

我が家の場合は、母がサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に入り、一定距離ができたので、私は気持ちよくお世話できるし、母も「ありがとう」とよく言ってくれます。

他人が中に入ってくれる関係は、お互いにとても良い状態で会えるようになります。

お金はかかるけど、私はこのままだと私の方が先に参ってしまいそうと思ったので、距離をおけて良かったです。

一人で背負わない

母は、血圧のお薬をもらうために2ヶ月に1回通院しているのですが、その際、いつも姉を誘って一緒に行くようにしています。

今日は、私が母を迎えに行き、先にドラッグストアで買い物して、病院へ連れて行きました。

病院で姉とバトンタッチして、その後は姉が診察を付き添い、薬をもらって、母を施設まで送ります。

前回は、逆でした。

母が足が痛いと訴えている時は、2人で主治医の話を聞いたりした時もあります。

母の施設を決める時も姉と相談して決めました。

普段は私が母の世話をすることが多いですが、大事なことは必ず姉に相談して一緒に考えてもらうようにしています。

私が母との同居が辛いと言ったとき、姉が私に「自分の家に戻りなさい」と言ってくれました。

それから、自分も母の世話をしたいと言ってくれています。

私の娘も母の世話をしてくれます。

母は、その時その時で上手にいろんな相手に頼みごとをします。

そういう社交性って大事だなと思うし、たくさんの人に見守られて、助けてもらって、母って幸せだなと思います。

私は、自分も楽をできるし、助かっています。

介護を一人で背負わないことは、すごーく大事で、自分でできることであっても、他の人にもお願いするように段取りしていくことをこれからもやっていきたいです。

さいごに

母は、あと1ヶ月で90歳になります。

10人兄弟で下から4番目くらい?のおてんばだった母は、柿本家へ嫁いでから、とても苦労してきたようで、ずっと愚痴ばかり聞かされてきました。

祖母が病院嫌いの人で、まったく病院へ行かないので、何度も入院した母は肩身が狭かったのです。

今の母は家から離れ、施設で暮らし、窮屈な面もあるとは思いますが、家のことを何もしなくても良い生活が気楽でいいそうです。

食事は用意してもらっていますが、掃除も洗濯も自分でしています。

週2回のデイサービスが楽しくてたまらないようです。

今、入居しているココファンは、学研が運営する施設です。その認知症予防のための学習プログラムは効果的で、母も一生懸命に宿題をしていっています。

いくつになっても文字や計算ドリルは頭を活性化しますね。

そして、ゲームで一等賞だったと得意げに言う母がかわいらしいなぁと思います。

私もいつか、デイサービスなどに行くような時になったら、恥ずかしがったりせず、みんなの中で上手に遊べる人になっていたいです。

多分、養護学校に勤務していた頃、障害を持つ子どもたちと一緒に楽しく遊んでいたので、私もどんな環境にも適応できるはず。

90歳くらいになったら、また子どもみたいに無邪気に戻れるとしたら、それもまた楽しみかもしれません。

とにかく、今まで苦労してきた分、最後は父の分まで、うんと楽しんで過ごしてほしい。

そして、そんな母のことをゆったり見守りたい私です。

それぞれの家庭で、それぞれの親の状態で、みんな異なると思いますが、親が元気でいてくれると嬉しいですね。それに尽きます。

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!