母がワガママを言うくらい元気になってきた【親の介護】

広告

あともう少しで89歳になる母は、サービス付き高齢者住宅での生活に少しずつ慣れてきて、ワガママを言うようになってきました。

元気になってきた証拠と思い、喜んでいます。

ワガママ、いろいろ聞いてください。

今、このテーブルの上は既にモノがいっぱいでごちゃごちゃになっています。

病院が寒いから退院したい

まず、病院を退院したい理由が隣の人がエアコンをガンガンにかけていて寒くて我慢できないということ。

看護師さんに言ったけど、看護師さんから「上に何か羽織っていてください」って言われたと不満げでした。

まぁ、気持ちはわかるので、退院の日を早めてもらうよう、ケースワーカーさんを通してお願いしました。

新聞とってほしい

退院後、移ったサービス付き高齢者向け住宅では、食堂に新聞が置いてあるのですが、母はじっくり読みたいからとってほしいとのこと。

確かに毎日じっくり新聞を読むのを楽しみにしていたので、いつも読んでいた地元紙をとることにしました。

施設の方で手続きをしてくれて、翌朝からすぐ部屋に届いています。

とっても喜んでいました。

電気ポット持ってきてほしい

施設ではお茶のサービスがあり、ポットを持っていくとお茶を入れてもらえます。

家で使っていた小さめのポットを持って行きました。

ところが、すぐ電話で「いつも家で使っていた保温式電気ポットを持ってきてほしい。部屋で自分でお茶をいれたい。」と言ってきました。

お茶を入れてもらったポットを部屋まで自分でこぼさずに運ぶのが大変とのこと。

確かに。

家で使っていた電気ポットとお茶パックなどを持って行きました。

あと、言われないけど、布巾と台拭きも持っていくと「あ-、それも持ってきてほしかったんや」と言われました。

お盆も持ってきてと言われていたのですが、それも帽子も忘れてしまったので、また明日でも持っていきます。

あっという間に、部屋の中は家での生活と同じようにモノがいっぱいになってきました。

さいごに

病院にいるときは、絵を描く気にもならなかったと言っていましたが、今日、行ったときはスケッチブックや色鉛筆まで出してありました。

だいぶん元気になってきたんだなって思います。

ワガママを言い出して、本来の母らしくなってきて、なんだかホッとしています。

口では「ありがとう、ありがとう」「ごめんね」と上手に言っているけど、自分がしてほしいことはちゃんと主張できる母です。

長生きすると思います。

好きなこと言ってくれる方が私も文句言ったりできるから、気楽です。

友達から「お母さん、家に帰りたいって言わない?」って心配してもらってるけど、母は言わないと思います。

だって、自分が姑(私の祖母)を施設に入れて家へ連れて来なかったから。

私はそんな母を見てきたし、母が家で介護するのは大変だから無理だって言い切って愚痴をこぼしたり、祖母の悪口を言うのをずっと聞かされてきたから、少なくとも私には「家へ帰りたい」とは言えないと思います。

私は最後まで、母と良い関係を続けていきたいから、母の介護は他の人に助けてもらうことに決めました。

これからも余裕を持って、母と接していきたいと思います。

母が施設に入るまでの記録はこちらから

88歳の母が施設に入所するまでの記録(11)無事ココファン金沢藤江に入居しました

母が入院してから実家の片づけをし始めた記録はこちらから

【実家の片づけ】総集編 88歳の母 突然の体調不良から入院 その間に家まるごと大掃除の記録

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!