骨董品を買い取ってもらったら全部で1000円だった【親のモノの断捨離】

広告

座敷やその奥の押し入れに入れてあった骨董品を、捨てる前にリサイクル業者さんに見にきてもらうことにしました。

自分でもお金になるようなモノはないな、と思っていたのですが、専門家が見ても、なかったです。

「何か、木箱に入っているようなモノはありませんか?」と言われたのですが、そういうモノはもう売ってしまったんですよね。

でも、木箱に入っているモノでも、大した額では売れなかった記憶があります。

中に銀製品があり、それだけ高く売れましたけど。

今回、全部まとめて1000円で買い取っていただきました。

売れそうなモノがないので、しょうがない。

そして、「こちらの3つは処分費がかかるので持っていくことはできません」と言われました。

なるほど、売れない大きなモノはお店に置いておくのも邪魔になるし、処分費もかかるし、持っていきたくないですよね、すごく納得します。

スッキリしました。

このテーブルは気に入っているので、残します。

テーブルの上にガラスを置いてあるのですが、このガラスが大事なんだそうです。

もう一つのテーブルの方は、ちゃんとした作家さんのモノなのですが、ガラスを置いてなかったので表面にキズがありました。

私は気になりませんでしたけど、売るときにキズがあると売れないんだそうです。

確かに、買う人にとってはキズモノは、いらないですよね。

重い座テーブルは、2人で丁寧に運んでくれました。

家に飾ってあったモノたちが全部まとめて、たった1000円でしたが、今のご時世、処分の費用や手間を考えると1000円で持っていってくれて、ありがたかったです。

その場ですぐ現金をもらいました。

全部捨てればいいと思いながら、自分でなかなか捨てられずにいたものを処分してくれて、ありがとう。

最後に美味しい中国茶を飲んでいただき、お礼を言いました。

おしまい。

もう一つの難関、着物の方は、今、まったく売れないとのことです。

知り合いに今度、家に見にきてもらうことになっているので、そちらもどうなるか決まったら、また報告させていただきます。

私の断捨離を、実家の片づけ等の参考にしていただけるとありがたいです。

良ければこちらの記事も読んでいただけると、私がなぜ今、骨董品を処分しようと思ったか、わかります。

骨董品を捨てる【親のモノの断捨離】

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!