今後、着るモノだけ収納する【着物の断捨離】

広告

「着物の断捨離」シリーズ、ようやく4回目。

家中まるごと棚卸し お気に入り空間づくり(19) ついに着物の処分に取りかかる

古い草履・バッグ・髪飾りを捨てる【着物の断捨離】

全部出して、いるモノといらないモノに分ける【着物の断捨離】

本当に遅々として進まず、出しっぱなしのまま。

とりあえず出したものの、出したままどうすることもできず、困っていました。

それでもファスティング期間が終わるまでになんとかすると決めたので、もう少しだけ前進。

期限を決めると動けますね。ココ大事。

私の決意はこちら

3日間の断食で期待すること【2回目のファスティング】

今後、私と娘が着る可能性がある着物および付属品だけをタンスに収納しました。

そして、着ることがない着物と反物をなんとかするために、このままテーブルの上に出しておくことにしました。

今は使っていない部屋なので、おきっぱなしでも大丈夫ですが、それでもずっとこのままというわけにはいきません!

いろいろな人に相談しながら決めていきたいです。

ただ、相談相手を選ばないと、「娘さんに着物を作ってあげればいいじゃないですか?」とか言われて、私は「???」です。

娘が確実に着るのなら、作る価値があるかもしれないけど、いつか着るかものレベルで言われても、誰がお金出すんですか?って逆に聞きたい(笑)

私はあるのに使わないのがもったいないからと言って、お金をかけて、結局使わないという無駄遣いをするのは嫌いです。

それにしても、なぜうちにこんなに着物があるかと言うと、親戚が呉服屋さんだったからなのです。

こんなに買って、いったい誰が着るんや?って疑問ですけどね。

父はケチなのに、そういう無駄な買い物をする人なんですよ。

いっぱい買って、ほとんど私が捨てて、ホントもったいない家族です。

以前、母と姉と私の3人で着物のことを話していた時のことですが。

母が「この着物は高かったから、私が死んだときに着せて」と言うと、姉が「そんなすぐ燃やすのに高い着物着てもったいない」って、どこで笑えばいいのか、わからんです(笑)

で、結局、2人とも何も結論を出さずに終わるという。

そうやって、着物ってなかなか処分できずに家に残るんでしょうね。

レンタルで十分だと思いますわ。

私も娘も着るあてのない着物の行き先が決まったら、また報告します。

とにかく、これを収納してしまわないようにします。

収納するのは、使うものだけ」が鉄則ですからね!

このシリーズ、まだ続いてしまいます。

もう少しお付き合いくださいね。

今までの記録は

家中まるごと棚卸し お気に入り空間づくり(19) ついに着物の処分に取りかかる

古い草履・バッグ・髪飾りを捨てる【着物の断捨離】

全部出して、いるモノといらないモノに分ける【着物の断捨離】

ブログランキングに参加しています。
下のお花を「ぽちっ」と押して、応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

さわこ

スタジオSeriオーナーの目標は、「健康」と「ゆるいミニマリスト」

みんなが、心と身体をリフレッシュして、笑顔で元気になったらいいなと思って、いつもスタジオにお花を飾り、お掃除してます。「汚部屋脱出」のために、整理収納アドバイザー1級、生前整理アドバイザー1級、清掃マイスター1級を取得しました。いらないモノをすべて断捨離して、スッキリ暮らしたいです。ずっと頑張りすぎてきたから、これからの第2の人生は、楽しいことだけやっていきます!